• トップページ > 先輩社員の声 > 2011年 新卒入社 池内 貴之 「平凡な言葉でも「ありがとう」のひと言がやりがい」

    平凡な言葉でも 「ありがとう」のひと言がやりがい。

    「フロント」と「営業」の一番の違いは、
    担当顧客を持つか持たないかということになります。
    私が担当しているフロントは、エリア内の全てのお客様が対象であり、
    電話でレンタル機の注文を受けたり、来店された際の対応を行います。

    いつ、誰から連絡があるかわからない状況の中で、
    常に万全の対応ができるように準備しておくことが求められる仕事です。
    初対面から受注迄が短期間であることも多く、
    具体的である場合がほとんどなので、迅速に、的確に、
    対応することがお客様にとっての価値です。

    そんな短期間で緊張感の高いやり取りの中でも、
    きちんとした対応ができれば感謝の言葉を頂けることがあります。
    「ありがとう」と言って頂ける瞬間は、
    素直に私にとって一番のやりがいです。

    コミュニケーションの質が変わった。

  • トップページ > 先輩社員の声 > 2011年 新卒入社 池内 貴之「コミュニケーションの質が変わった」

    コミュニケーションの質が変わった。

    私はもともと人と話すことが好きだと思っておりましたが、社会人になってから、
    自分の意見を主張することが苦手であることに気づきました。
    だからつい周囲の意見に流されることもしばしば。

    でも、お客様と接する場面、社内ミーティングの場面等、
    私自身の責任を伴う場面においては、私の意見が周囲に大きな影響を与えます。

    私を頼りにしているお客様を目の前に、どっちつかずの対応ができないのは当たり前ですし、
    社内での決め事を議論をする場で意見が言えなければ、それはいないのと同じことなんです。
    自分の意見を持てるように日頃から意識し、今度は意見をどう伝えるかを考え、
    意見を述べた後はそれに見合った行動をする。

    言葉にすれば当たり前のことに聞こえてしまいますが、
    私にとって最も成長を実感できたのは、この点です。

    平凡な言葉でも 「ありがとう」のひと言がやりがい。