FAQ

カナモトについて

Q1.新入社員研修はありますか?またどんな内容ですか?
キャリアプラン/教育制度をご参照ください→こちら
Q2.所有している機械の台数はどれくらいですか?
工事現場で使用される大小様々な建設機械・器具等を取り扱っており、商品点数にして約460機種、50万点の機械を全国の営業所で保有し、お客様のご要望にあわせて貸し出ししています。
Q3.どういった会社と取引がありますか?
仕入れ先では、当社取扱製品の各建設機械メーカー、車両メーカー等が主な取引先です。一方、レンタル先(お客様)は、ゼネコン(総合建設業者)をはじめとする各種建設会社です。
Q4.カナモトで扱っているのは自社製品ですか?
当社が取り扱う機械のほとんどは、各建設機械・車両メーカーから購入したものです。 中にはアスベスト工事対策機器や、橋梁点検車など他の企業や団体と共同開発しているものもあります。
Q5.会社がいま力を入れていることは何ですか? 
西日本を中心とする未出店エリアへの展開、東日本大震災の復興工事支援、海外展開です。
Q6.カナモトのモットーはなんですか?
お客様が欲している、またはやりたいことに対して"ソリューション(解決策)"を提示するのがカナモトの使命。「いつでも」「どこでも」「なんでも」レンタルをモットーに日々業務にあたっています。
Q7.重機を使用する作業もあると思いますが、そのための免許取得は必要ですか。
入社時に建設機械に関する資格がなくても問題ありません。入社後の新入社員研修や営業所へ赴任後、実地で安全教育や講習を受講いただき資格を取得していただいています。
Q8.今後のこの業界の見通しについて知りたいです。
カナモトのお客様はゼネコンをはじめとする建設会社がほとんどです。工事現場で利用される建設機械は高額な商品であり、建設会社は経費圧縮のために機械の調達方法を「購入」から「レンタル」にシフトしています。日本土木工業協会の調査によると、2007年時点ですでに工事現場における建設機械のレンタル依存度は約50%。
自然災害への対応や国内のインフラの老朽化対策、都市再生開発のほか、オリンピック・パラリンピックなど、政府が取り組む『国土強靭化計画』もあり、国内の建設需要は旺盛ですので、レンタルサービスの存在意義は高まっているといえます。いまや効率よく機械を活用できる「建機レンタル」の存在なしに、建設という仕事は成り立たないといえるでしょう。
Q9.建設機械以外のレンタル事業を進めることはないのですか
現在、建設機械のほかにイベント向けのレンタルにも対応するなど、活動のフィールドを徐々に広げています。今後もお客様のご要望にお応えする商材の発掘に取り組んでいきます。
Q10.環境問題への取り組みとして行っていることはありますか?
2003年以降、当社では保有機械の入れ替えを積極的に行い、現在当社が保有するエンジン付き機械の99%以上が環境に優しい公害対策型の機械になっています。排気ガス、振動、騒音など様々な公害がありますが、 環境配慮型の機械をラインナップすることで、顧客の環境経営のお手伝いを果たしています。